債務整理は収入が無い状態でも利用可能なの?

債務整理,収入ない,利用可能

債務整理は収入が無い状態で利用可能?という疑問を持つ方は多いです。
結論から言えば可能です。

 

債務整理にかかる費用を、債務整理時に発生する過払い金で充当すれば、収入がなくても可能です。

 

収入が無い状態なのですから、借金の返済は不可能な状態です。
多くの方は自己破産を検討するかと思います。

 

自己破産をしても免責を受けなければ、借金は消失しませんが、収入が無い状態ですと、多くの場合は同時廃止という制度が適用されます。
同時廃止の場合には、よほどのことが無い限りは免責が通ります。

 

弁護士さんも収入が無い状態ですから自己破産を進めてきます。
弁護士費用は、債務整理時に発生する過払い金という債権者に請求する払いすぎた利息で充当を考えます。

 

自己破産を行い、生活保護に移行するという手段も

債務整理,収入ない,利用可能

不況に入り、借金を抱えたまま失業し、無収入になる人も増えています。

 

収入の無い状態で、借金の督促を受けていては、精神的に追い詰められていきます。
仕事の目処も立たない状態で、借金の返済など出来るわけはありまあせん。

 

まずは、借金の整理を行い、将来について冷静に考えるべきです。
自己破産を行い、生活保護に移行するという手段もあります。

 

なんにしても、失業している状態で、借金のことで悩んでいる状況の改善を行いましょう。
借金の督促を受けて、仕事も決まらない状況では、どんどん精神的に追い詰められていきます。

 

相談できる相手がいないのでしたら、弁護士さんに正直に相談しましょう。
弁護士さんと一緒に自己破産の手続きを進めているうちに、冷静な判断ができるようになってくるものです。

 

目の前の負債の整理を行い、冷静に考えていくことが重要

債務整理,収入ない,利用可能

自己破産は裁判所を介しての法的債務整理です。
自己破産のための陳述書を書いているうちに、人生を振り返るものです。

 

陳述書は借金に至る経緯の調書です。
陳述書を記憶を思い出しながら記載していくうちに、自分自身の人生について反省していくものです。

 

自己破産をすると官報に金融事故歴が記載されてしまいますが、それもまた人生です。
今後は、金融事故を起こさないように前向きに人生を歩んでいけばいいのです。

 

リストラされて失業する方も増えています。ローンを抱えたまま長期失業する方も多いです。

 

そういう方は、まず、借金を整理しましょう。
目の前の負債の整理を行い、冷静に今後どうするかについて考えていくことが重要です。

 

収入を得ることも大切ですが、収入を得れない状況を続けているのに、借金があっては先が見えません。
まずは、借金だけでも整理したほうがいいです。借金が減れば、結果的に使えるお金は増えるからです。


債務整理問題は、先延ばしていては解決できません。
逆に放置していると、事態は悪くなるばかりです。


債務整理問題は、一人では解決できないことが多いです。
そのため債務整理問題に実績のある弁護士司法書士の先生にすぐに相談するのが賢明です。
債務整理に関することなら今なら無料相談が行えます!


おすすめ弁護士事務所

>>債務整理案件で実績のある弁護士事務所はこちらから確認できます!<<

 

借金の相談窓口は弁護士事務所?高そうなイメージだけど払えるお金がない

 

債務整理を行う場合、候補に挙げられるのは弁護士事務所です。高そうなイメージがあるので、頼むを躊躇される方も居られますが、無料相談を行っている所も多く、支払いも分割で引き受けてくれる所が多数あります。

 

それでも結局支払う必要があるので、利用は難しいと考えてしまうかもしれませんが、弁護士に債務整理をすると一旦返済が止まりますので、お金に余裕を持つ事が出来ます。

 

更に利息を多く支払っていた場合は利息制限法に基づいて借金の棒引きをしてもらう事が出来るのと今後の利息もカットする交渉を行ってくれるので、自力で返済を続けるより支払う金額は確実に少なくなります。それを考えると弁護士に費用を支払っても債務整理を頼む方がお得です。

 

また弁護士は専門家なので、借金問題に関しても豊富な知識を持っています。例え依頼をしなくても相談するだけでもプラスになるはずです。債務整理は自力で行うのは多くの知識が必要になるのと金融業者に自分で交渉する必要があり、ほとんどの場合は上手く行きません。

 

弁護士を立てる事によって交渉がスムーズに行くので、返済に苦慮している場合は弁護士に依頼するのが最善の方法になります。

 

また長期間返済をしていた場合は借金の棒引きだけではなく、払いすぎていた利息が元金を上回っていた場合は、お金が返ってくる事もあります。こうなると今後は返済する必要もなくなりますので、余裕を持った生活をする事が可能です。

 

自分がいくら利息を支払っているかは、金融業者からデータを出してもらわないと正確な事はわかりませんが、自分でデータを出して欲しいと交渉しても金融業者によっては拒否されてしまう事もあります。

 

これを弁護士に頼むと弁護士が直接、金融業者とやり取りをしてくれるので、確実にデータを手にする事が出来るのと利息の計算も弁護士に任せることが可能です。

 

自分で利息計算をするのは素人では難しく、専門的知識を持っている弁護士に任せる事が確実です。

 

その後の返金交渉も弁護士が行うので、弁護士に任せた後は平穏な暮らしを送る事が出来ます。

 

借金問題に一人で悩んでいても解決するのは難しく、特に大きな借金を抱えているといずれ支払いが出来なくなってしまう可能性が高いです。

 

支払いが出来なくなると会社等にも催促が来てしまい、会社に迷惑を掛ける事になってしまうので、生活がぎりぎりの状態で返済を続けている場合などは早急に弁護士に相談する事により、借金問題の解決に繋がります。