女性専用の債務整理の事務所の特徴とメリット

女性専用,債務整理,特徴,メリット

借金問題を抱えている人のうちの男女比は算出方法によっても若干変わりますが、そこに男女差はあまり見られません。しかし自己破産ということになると、女性優位の数字となっています。

 

その原因として、女性はライフサイクルの中で減収というイベントが起きやすいということや、もともとの収入が低い傾向にあることが挙げられます。

 

総量規制は貸金業者のキャッシングのみに適用されている法律で、その他の金融業者からの借金は含まれませんし、ショッピングローンも含まれません。

 

またジェンダーとして、女性はストレスを抱えやすく、それによって何かしらの依存性を伴う行動をとりやすいといわれています。
買い物依存症やギャンブル依存症に陥りやすいのです。

 

ストレスを抱えやすいことは、相談に二の足を踏むということにも繋がり、解決を目指す初動が遅れる傾向もあります。

女性が自己破産しやすい理由

弁護士や司法書士といった「士業」への気後れも感じやすいのが女性です。
「もう少し早ければ自己破産せずに任意整理で解決できたのに、時期が遅すぎた」ということになりかねないのです。

 

男性と比べて金額的には小さいケースがほとんどですが、それでももともと収入面で全体的に低い女性にとっては、大きな負担です。
ですから男性の政務整理と女性のそれは、選択できる方法も違ってきます。

 

男性であれば任意整理で解決できそうな金額であっても、女性は自己破産しかないという場合もあるのです。

女性専用窓口を利用するメリット

近頃女性専用窓口を設置したり、はじめから女性専用にしている債務整理事務所も見られるようになりました。
メリットとしては、女性の事情に詳しいことがあります。

 

対応も女性に配慮したものになっています。
敷居が高い、二の足を踏むと感じていた女性にとっても、相談しやすい環境作りができています。

 

そのため、女性利用者が格段に増え、解決策の選択肢が多い時点での相談も増えています。

自己破産に追い込まれる前に早めの行動を

女性専用,債務整理,特徴,メリット

自己破産にはそれなりのデメリットもあります。
そのため、他の解決方法が選べる時点で相談することがお勧めです。

 

初動がかなり影響しますので、債務問題を抱えていると自覚した時点で、なるべく早く相談を行うべきです。

 

選び方は、債務整理に特化していることはもちろんですが、自分の住んでいる場所からアクセスの良いところを重視するとよいでしょう。

 

または遠隔であっても対応できるシステムを構築している債務整理事務所であれば安心です。
口コミなどの評判を参考にするのも、有効な手段です。


債務整理問題は、先延ばしていては解決できません。
逆に放置していると、事態は悪くなるばかりです。


債務整理問題は、一人では解決できないことが多いです。
そのため債務整理問題に実績のある弁護士司法書士の先生にすぐに相談するのが賢明です。
債務整理に関することなら今なら無料相談が行えます!


おすすめ弁護士事務所

>>債務整理案件で実績のある弁護士事務所はこちらから確認できます!<<