過払い請求と債務整理の違いについて

過払い請求,債務整理,違い,比較

過払い請求とは、利息制限法を超えて払いすぎた利息を返還してもらう手続きのことです。

 

利息制限法では、

  • 10万円未満の場合20%
  • 10万円以上100万円未満の場合18%
  • 100万円以上の場合15%

と上限金利が定められています。

 

この上限金利を超えた金利でお金を借りていた場合、過払い金が発生していることになります。

 

よく誤解されていますが、例えば最初に200万円を借りて、返済を進めて残高が100万円未満になったとしても、上限金利は15%のままです。
返済を進めて100万円未満になったら18%、10万円未満になったら20%の金利を支払わされていた場合には、過払い金が発生しています。

過払い請求とは

過払い請求は、払いすぎたお金を返してもらうだけの手続きです。

 

利息制限法を守っていなかった金融機関に責任があるので、過払い請求をしてもなんら契約違反にはなりません。
そのため、金融事故とは扱われず、信用情報に「異動」が記録されることはありません。

 

つまりはブラックリストには載らないということです。

 

ところが、過払い請求をしてもなお借金が残っていた場合には、
その借金の返済方法などについて金融機関と話し合いをしますが、これは任意整理になってしまいます。
そのため、過払い請求をした後に借金が残っている場合にはブラックリストに載ってしまいます。

債務整理とは

債務整理とは、弁護士に依頼をして借金を減額してもらったり、無理のない分割払いにしてもらう手続きです。

 

任意整理、個人再生、自己破産などの種類がありますが、いずれの方法でも借金を減額してもらうという点で共通しています。
最初に「いくらの金利でいつまでに借金を返済します」という契約をしていたにもかかわらず、
それを破ることになるので重大な契約違反として扱われるケースがあります。

 

過払い請求と債務整理の大きな違いは、契約違反になるかどうかというポイントです。
後者では契約違反になってしまうため、金融事故として扱われ、ブラックリストに載ってしまいます。

過払い請求と債務整理の違い

過払い請求,債務整理,違い,比較

過払い請求と債務整理はよく比較がされますが、両者はまったく法的な性質が異なる手続きです。

 

前者では金融機関が利息制限法を守っていなかったことが原因であり、
金融機関のほうに非があります。

 

一方、後者では債務者が借金を返せなくなったことが原因なので、債務者のほうに非があります。

 

しかし、両者はセットで行われることが多いです。
例えば、弁護士に任意整理の依頼をしたとしても、過払い金がある場合にはそれを引きなおし計算をします。

 

過払い金が発生している場合に、それを清算せずに債務整理だけが行なわれるということは原則としてありません。


債務整理問題は、先延ばしていては解決できません。
逆に放置していると、事態は悪くなるばかりです。


債務整理問題は、一人では解決できないことが多いです。
そのため債務整理問題に実績のある弁護士司法書士の先生にすぐに相談するのが賢明です。
債務整理に関することなら今なら無料相談が行えます!


おすすめ弁護士事務所

>>債務整理案件で実績のある弁護士事務所はこちらから確認できます!<<