債務整理は誰でもできるものなのですか?

債務整理,誰でも,できる

債務整理とは、借金が嵩んでしまい返済することができなくなったという人のために、借金の額を減らして、重い金利の負担から解放されることができる法的な手続きのことをいいます。

 

おもな債務整理には、いまある財産の全てを処分し、裁判所で借金の免責を承認してもらう「自己破産」や、借金を減額し、その借金を3年間で返済をしていく「個人再生」などがあります。

 

自己破産」の場合には、借金が免責される代わりに、手持ちの財産は全て没収されてしまいます。
また、「個人再生」の場合は、借金は減額されるものの返済義務は残ります。
その代わりに住宅などの資産を残したまま借金を整理することが可能となります。

 

任意整理の手続きをする場合には、多重債務問題に悩んでいる方であれば、原則、誰でも利用することができる手続きです。
とくに条件といったものはありませんが、最終的には借金を返済しなければなりませんので、無収入の場合には手続きを取ることができません
そのような場合には、別の債務整理の手続きを検討しなければなりません。

債務整理をするための条件

債務整理の手続きとは、誰でもできる?のでしょうか。
債務整理をするためには、それぞれ以下の条件が必要です。

「自己破産」の場合

おもな条件として、

  • 借金返済のための財産を有していない者であること
  • 借金返済のための金銭調達が不可能な状態である
  • すでに履行期にある返済が滞っている
  • 明らかな弁済能力がないと判断できる状態にある

などが挙げられます。

「個人再生(小規模個人)」の場合

手続きができる条件としては、

  • 住宅ローンを除いた借金の総額が5,000万円未満であること
  • 今後3〜5年間継続的に収入を得ることができる見込みがあること
  • 債権者の数および債権額で2/1以上の不同意がないこと

などがあります。

「個人再生(給与所得者)」の場合

手続きができる条件としては、

  • 住宅ローンを除く借金の総額が、5,000万円未満であること
  • 今後3〜5年間に継続的に収入を得ることができる見込みがあること
  • 給与などの定期的な所得を得ており、所得変動の幅が年間20%以下であること
  • 破産後の免責確定から7年が経過していること
  • 給与所得者等再生の認可を受け、支払いを完遂した者であり、同認可の確定から7年が経過している者であること

などが挙げられます。

 

ご自分で借金の返済ができない方や、返済をすることで生活が困窮しているという場合には、
一度、専門家に相談をしてみるのも、ひとつの手段ではないでしょうか


債務整理問題は、先延ばしていては解決できません。
逆に放置していると、事態は悪くなるばかりです。


債務整理問題は、一人では解決できないことが多いです。
そのため債務整理問題に実績のある弁護士司法書士の先生にすぐに相談するのが賢明です。
債務整理に関することなら今なら無料相談が行えます!


おすすめ弁護士事務所

>>債務整理案件で実績のある弁護士事務所はこちらから確認できます!<<