債務整理中,借金

債務整理中に借金できるの?」、「借金するとどうなる?」という疑問を持っている人もいるかもしれません。

 

債務整理をしなければならないような状況になったのは、返済困難なほどの借金をしてしまったことが原因なので、常識的に考えれば債務整理中に借金をするべきではありません。
しかし、生活費が足りなくなったなど、債務整理中でも借金に頼りたいというケースはあるかもしれません。

 

債務整理の種類によっても異なります。

過払い金の返還請求

過払い金の返還請求をしているだけならば、全く問題なく借金をすることができます
しかし、過払い金の返還請求は一般的には債務整理には含まれていませんので、これは例外と言えるでしょう。

 

任意整理

任意整理では、弁護士が金融機関と交渉をして利息や遅延損害金を免除してもらう手続きです。
任意整理中に新たな借金をしてはいけないというルールはないので、借金をすることはできます。
しかし、弁護士が金融機関と交渉をしている最中に、別の会社から新しい借金をしてしまって、それがバレてしまったら、交渉になんらかの影響があるかもしれません。結果的に、任意整理が失敗する可能性もあります。必ず弁護士に相談をしておくようにしましょう。

 

自己破産

自己破産の手続き中に新たな借金をすることは、免責不許可事由にあたります。
そのため、自己破産で免責が認められず、借金がゼロにできないということが起こります。
自己破産は失敗するのでそれまでの借金は残り、その上新たな借金も返済していかなければならないとう最悪な状況になります。

 

お金が必要になったら弁護士に相談を

債務整理中,借金

債務整理中にお金を貸してくれる金融機関というのは、基本的に存在しません。

 

債務整理の手続きを開始すると、その時点で信用情報に登録されるので、金融機関には債務整理中であることがわかってしまいます。
債務整理中であることを隠してお金を借りることは正規の金融機関ではできません。

 

借りるとしたら、友人や家族などになりますが、もしもバレてしまったら前述したように債務整理が失敗する可能性が高くなります。
闇金のような違法業者で借りてしまうと、別のトラブルが起きてしまうので絶対に止めておきましょう。

 

結論として、債務整理中には正規の金融機関ではお金が借りられませんが、家族や友達などからお金を借りたとして、もしもバレてしまったら債務整理が高い確率で失敗します
お金が必要になってしまった時には、必ず弁護士に相談をするようにしましょう。
公的な融資などの方法を紹介してくれるなど、なんらかのアドバイスをしてもらえるでしょう。


債務整理問題は、先延ばしていては解決できません。
逆に放置していると、事態は悪くなるばかりです。


債務整理問題は、一人では解決できないことが多いです。
そのため債務整理問題に実績のある弁護士司法書士の先生にすぐに相談するのが賢明です。
債務整理に関することなら今なら無料相談が行えます!


おすすめ弁護士事務所

>>債務整理案件で実績のある弁護士事務所はこちらから確認できます!<<