債務整理中,借金

債務整理中に借金できるの?」、「借金するとどうなる?」という疑問を持っている人もいるかもしれません。

 

債務整理をしなければならないような状況になったのは、返済困難なほどの借金をしてしまったことが原因なので、常識的に考えれば債務整理中に借金をするべきではありません。

 

しかし、生活費が足りなくなったなど、債務整理中でも借金に頼りたいというケースはあるかもしれません。

 

債務整理の種類によっても異なります。

 

過払い金の返還請求

過払い金の返還請求をしているだけならば、全く問題なく借金をすることができます
しかし、過払い金の返還請求は一般的には債務整理には含まれていませんので、これは例外と言えるでしょう。

 

任意整理

任意整理では、弁護士が金融機関と交渉をして利息や遅延損害金を免除してもらう手続きです。
任意整理中に新たな借金をしてはいけないというルールはないので、借金をすることはできます。
しかし、弁護士が金融機関と交渉をしている最中に、別の会社から新しい借金をしてしまって、それがバレてしまったら、交渉になんらかの影響があるかもしれません。結果的に、任意整理が失敗する可能性もあります。必ず弁護士に相談をしておくようにしましょう。

 

自己破産

自己破産の手続き中に新たな借金をすることは、免責不許可事由にあたります。
そのため、自己破産で免責が認められず、借金がゼロにできないということが起こります。
自己破産は失敗するのでそれまでの借金は残り、その上新たな借金も返済していかなければならないとう最悪な状況になります。

 

お金が必要になったら弁護士に相談を

債務整理中,借金

債務整理中にお金を貸してくれる金融機関というのは、基本的に存在しません。

 

債務整理の手続きを開始すると、その時点で信用情報に登録されるので、金融機関には債務整理中であることがわかってしまいます。
債務整理中であることを隠してお金を借りることは正規の金融機関ではできません。

 

借りるとしたら、友人や家族などになりますが、もしもバレてしまったら前述したように債務整理が失敗する可能性が高くなります。
闇金のような違法業者で借りてしまうと、別のトラブルが起きてしまうので絶対に止めておきましょう。

 

結論として、債務整理中には正規の金融機関ではお金が借りられませんが、家族や友達などからお金を借りたとして、もしもバレてしまったら債務整理が高い確率で失敗します
お金が必要になってしまった時には、必ず弁護士に相談をするようにしましょう。
公的な融資などの方法を紹介してくれるなど、なんらかのアドバイスをしてもらえるでしょう。


債務整理問題は、先延ばしていては解決できません。
逆に放置していると、事態は悪くなるばかりです。


債務整理問題は、一人では解決できないことが多いです。
そのため債務整理問題に実績のある弁護士司法書士の先生にすぐに相談するのが賢明です。
債務整理に関することなら今なら無料相談が行えます!


おすすめ弁護士事務所

>>債務整理案件で実績のある弁護士事務所はこちらから確認できます!<<

 

債務整理後のローンは通る?キャッシング審査が通るのはいつから?

 

債務整理をするとしばらくローンの利用はできなくなり、どのような金融機関に申込しても通過しません。債務整理はリスクなしで行えるわけではなく、必ずペナルティが発生します。個人信用情報機関に登録されるため、5〜10年間はブラックになるわけです。

 

債務整理の種類にもよりますが、任意整理だと5年程度、個人再生と自己破産だと7〜10年程度になると言われています。ブラックから解除されても、個人信用情報機関や金融機関から連絡がくることはありません。ただし金融機関からローンのパンフレットが届くようになったら、すでに解除されている可能性があります。

 

債務整理後にキャッシングの申込を考えている方は、自身がブラックの状態にあるのか確かめる必要があります。これは個人信用情報機関に情報開示を求めることでわかりますが、有料になる点は注意してください。

 

それ以外の方法だと消費者金融に対して、5万円の希望額で融資の申込をしてみるのがおすすめです。特別な問題がない限りは5万円の借入はできるはずで、もし断られてしまったらブラックから解除されていないと考えられます。もちろん無職・無収入の状態だと審査に通過しませんが、仕事をしている状態で落ちるならブラックが原因と言えるでしょう。

 

キャッシングを利用できる条件は20歳以上で収入が安定していることです。この条件をクリアしていれば借りられることが多く、ほとんどのローンは非正規OKとしています。パートやアルバイトは無理と考える方が多いですが、ブラックになっていなければ大抵借りられます。

 

融資希望額は少なくする必要がありますが、10万円くらいまでなら問題なく借入できることが多いです。希望額が30万円を超えてしまうと審査が厳格になり、50万円を超えるとさらに厳しくなります。つまり希望額は少なくすればするほど、審査で有利になるわけです。

 

ブラックから解除されても借入できない人は、何らかの理由を抱えていることが多いです。他社借入件数が多いと追加融資を受けることが難しくなり、たとえ5万円に抑えても新規契約ができない可能性があります。昔は5社以上から借入するのは当たり前で、中には10社と契約している人もいました。しかし現在は多くて2社までが定説になっており、3社以上から借りていると追加契約は厳しくなります。借入件数が増えるほど返済は大変になるので、金融機関側からすれば正当な処置と言えるでしょう。

 

総量規制の限度額に達している場合は、消費者金融から借りることはできません。消費者金融が融資してくれる最高額は年収の3分の1以内と決まっています。年収300万円だと100万円までしか借入できず、この計算には借入先の消費者金融がすべて含まれます。すでに総量規制いっぱいに借入をしているなら、たとえブラックから解除されても審査には通過しません。昔は総量規制による縛りはありませんでしたが、借りすぎ・使いすぎが問題となって制定されたわけです。たくさん借りるほど返済が大変になり、完済まで長期化するので安定的に返済するのが難しくなってきます。

 

いずれにしても債務整理をした人は、しばらくローンの利用は避けるのが得策でしょう。病気・怪我などによって失職してローンの返済不能になる方もいますが、それよりも多いのは借りすぎ・使いすぎです。キャッシングは用途が限定されていないので、ついつい借りすぎてしまいがちです。借りるほど返済は厳しくなってしまい、延滞するリスクも高くなります。延滞すれば遅延損害金が発生し、通常金利よりも高利なので借金はあっという間に膨らんでいきます。借入総額が多いほど利息も比例するように増えるので、借りすぎには注意しなくてはいけません。

 

お金を借りすぎてしまうと返済が大変になるのは誰もがわかっています。キャッシングで債務超過に陥ってしまう理由は、段階的に借金が増えることにあります。最初は10万円の借入からスタートする人も、しっかりと毎月返済をしていれば融資枠を増やしてもらえることが多いです。30万円、50万円というように枠が増えていけば、使いたくなってしまうのが自然な心理と言えます。人間は目の前に使えるお金があると、我慢するのが難しい生き物なのです。ローンを自分のお金だと錯覚するようになると、借金はどんどん膨らんでいくでしょう。

 

ブラックの期間中は健全な家計に戻すための生活を意識してください。浪費によって借金をしてしまった人は、浪費を予防するために工夫をする必要があります。本当に必要なときに借金をするのは仕方ありませんが、浪費のために借金を重ねると自分自身が困ることになります。健全な生活を維持しておけば、いずれローンを利用するときも計画返済ができるはずです。お金を借りるときは完済までを明確にイメージする必要があるので、シミュレーションは欠かせません。返済できる範囲でローンを組んでいれば、債務整理をするリスクは大幅に減るはずです。