債務整理後のローンの対応方法について

債務整理後,ローン,支払い方法,作成方法

債務整理後のローンは、5年間は利用できないと考えていいでしょう。

 

新規で申し込みをしようとしても断られますし、利用中のカードも使えなくなります。
クレジットカードのキャッシング機能で借りようとしても無理です。

 

クレジット自体が使えなくなるので、支払い方法はすべて現金払いとなります。

 

債務整理後、5年間を過ぎれば再び借入できるようになります。

 

以前の作成方法と同じように契約できますが、借入経験のなり金融機関を選ぶようにしましょう。
同社や同系列の業者から借りようとしても断られる可能性が高いです。

 

一度でも債務整理をした業者から、再融資を受けるのは無理だと考えていいでしょう。

債務整理後のローンの対応方法

債務整理後のローンの対応方法は、遅延することなく完済することです。

 

自己破産は借金をゼロにできますが、それ以外の方法は返済義務が残ります。
任意整理と個人再生は、整理後にいずれも3年以内に完済する必要があります。

 

これらの方法は、ある程度返済能力のある方が選ぶべきです。

 

例えば、無職になって収入が途絶えた状況では、毎月の返済を続けていくことは無理でしょう。
病気・怪我などで仕事ができない場合においても、自己破産を選ぶことになる可能性が高いです。

完済するまで遅延しないように注意

債務整理後,ローン,支払い方法,作成方法

任意整理や個人再生で整理する場合は、完済するまで遅延しないように注意しましょう。
2ヶ月連続で遅延してしまうと、一括請求をされる可能性があります。

 

一括請求をされても応じることは難しいはずですから、
多くの方は再度弁護士に相談して二度目の債務整理をすることになります。

 

債務整理後に失職して返済不能になるケースは仕方ありませんが、
返済が厳しい方法を選んで失敗するのは避けましょう。

 

例えば、任意整理で確実に整理する自信があるなら問題ありませんが、
個人再生とどちらにしようか迷っている状況ならば、弁護士とよく話し合って決めていきましょう。

任意整理か個人再生か

任意整理は整理する借入先を自由に選べるのがメリットですが、元金は減らすことができません。
利息をゼロにつつ、残りの元金を返済していく支払い方法となります。

 

これに対して個人再生は利息をゼロにした上で、元金を大幅に減額できます。
借金の減額効果は個人再生のほうが圧倒的に大きいですが、整理する借入先を選択できないデメリットがあります。

 

弁護士報酬も高額になるので、任意整理とどちらを選ぶか迷われる方は多いのです。
担保・保証人付きローンの有無も考えて慎重に決めていきましょう。

 

任意整理は担保・保証人付きローンを除外して整理できますが、個人再生はこれらもまとめて整理することになります。

 


債務整理問題は、先延ばしていては解決できません。
逆に放置していると、事態は悪くなるばかりです。


債務整理問題は、一人では解決できないことが多いです。
そのため債務整理問題に実績のある弁護士司法書士の先生にすぐに相談するのが賢明です。
債務整理に関することなら今なら無料相談が行えます!


おすすめ弁護士事務所

>>債務整理案件で実績のある弁護士事務所はこちらから確認できます!<<