債務整理と任意整理の違いについて詳しく知りたい!

債務整理,任意整理,違い

借金などのトラブルを抱えた場合に、多くの方が債務整理や任意整理といったものを利用して問題を解決するといったイメージがあると思います。

 

しかし具体的にこれらがどの様に違うのかご存知でしょうか。また、どの様な場合においてこれらを使い分けるのかといった事についてまではあまり知られてはいないと言えます。

 

まず債務整理と任意整理は名称こそは似ていますが、意味に違いがあります。

 

まず借金をした場合に、返済などに困ってしまった場合に行われるのが債務整理です。
この債務整理には、

  • 任意整理
  • 特定調停
  • 自己破産
  • 過払い金返還請求
  • 個人再生

といったものに分別されます。

 

どの方法が一番いいの?

債務整理,任意整理,違い

債務整理はこのようにいくつかの方法に分別されます。
どの方法を用いて実際に行うかは、その状況により最も適したものを使い分けるといった事になると言えます。

 

具体的には、債務整理を行う方の、現在の生活の困窮状況などによってもどれを選択し使用するかといったといった違いが出てきます。それをこの問題の解決を担当する弁護士などと話し合って決めていく事になると言えます。

 

例えば、比較的相談者の生活の困窮状況が低度であるといった場合には、任意整理を選択する事になります。
この場合には、相談者が弁護士などを通じて債権者との交渉を行うといった方法をとり、債務整理を行うといったものになります。

 

しかしこの方法は、あくまで任意で行われるものであるが故に、減額出来る借金額にも限度があります。
また交渉に立ち会う弁護士などの力量にによってもその額が変わってくるものであると言えます。

 

しかし基本的には当事者間での話し合いの末に、返済額を決定出来るといった利点があります。ゆえに比較的使用しやすい解決方法のひとつとして挙げられるものであると言えます。

 

特定調停、個人再生、自己破産が選ばれるケース

債務整理,任意整理,違い

その一方で、生活の困窮状況が深刻であるといった場合には、その深刻度に応じて特定調停、個人再生、更には自己破産といった具合で対処していく事になります。

 

特に個人再生などの場合には、弁護士などが債務整理の指揮をとるのではなく、裁判所が選任した再生委員により行われるといった違いがあります。

 

それ故に、個人再生を行った場合の方が、より借金の減額を可能にする事が出来、相談者の生活の困窮状況が深刻であるといった場合には、この方法を用いて行われる事が妥当であると言えます。

 

いずれにしても、自分ではどの方法を用いて解決すべきであるかはなかなか判断をつける事は難しく、まずは弁護士を始めとした専門家への相談が解決への近道であると言えます。


債務整理問題は、先延ばしていては解決できません。
逆に放置していると、事態は悪くなるばかりです。


債務整理問題は、一人では解決できないことが多いです。
そのため債務整理問題に実績のある弁護士司法書士の先生にすぐに相談するのが賢明です。
債務整理に関することなら今なら無料相談が行えます!


おすすめ弁護士事務所

>>債務整理案件で実績のある弁護士事務所はこちらから確認できます!<<