債務整理と自己破産の違いについて詳しく知りたい!

債務整理,自己破産,違い

債務整理と自己破産は時折混同されることがあります。

 

しかし、両者は全く別のことを指しているとして考える必要があります。
では両者を比較した際にはどういった違いがあるのでしょうか。

 

最も重要なのは

  • 債務整理→債務を削減してもらう手続き全ての総称
  • 自己破産手続きの一種

であるということです。

 

例えばある人が「これから債務整理をしようと思っています」という場合、それが破産を意味しているかどうかは分かりません。
その人の考えによっては任意整理である可能性もありますし、また個人再生特定調停といった手段である可能性もあるでしょう。

 

債務整理というのはあくまでも総称です。
債務の削減を考えている人はそこからそれぞれの方法を見て自分にはどういった方法が適しているかを考える必要があるのです。

 

自己破産とは

債務整理,自己破産,違い

さて、続いて自己破産という方法が別の債務整理とどう違うのかということです。
ここで一番押さえておきたいのは「破産するのであれば債務の一切が免除される」ということです。

 

クレジットカードのキャッシング枠、消費者金融からの借金、どういったものであろうとも基本的に免除してもらうことが出来るのです。

 

これは一見するとメリットのようにも見えます。
しかし、実際には住宅ローンなど継続して支払いたい借金についても免除されてしまうというデメリットがあります

 

住宅ローンの支払いが出来ないとされれば住宅は取り上げられることになるでしょう。
また同時に財産の没収も行われることになります。

 

この点は任意整理、特定調停では発生しないことです。
また個人再生では住宅や車などの高額財産を保護することが出来ます。

 

しかし破産をしてしまうと現金に変えられる財産は処分する必要があるという点を考えておかなくてはならないのです。

 

自己破産で生活が出来なくなる訳ではない

債務整理,自己破産,違い

要するに自己破産は「債務整理の方法の一つであり、債務削減効果は極めて大きいものの同時に財産の多くを失う手続きである」となります。

 

ただ失うものが多いと言っても、その後の生活が出来なくなることはあり得ません
生活維持に必要な程度の現金は手元に残ります。仕事や勉強などに必要な財産については没収の対象外となります。

 

また破産をしなくてはならないほどの状況にあるのであれば没収される財産もほとんど無いという人の方が多いわけです。
当然没収出来る財産が無ければ何も没収されることはありません。

 

もちろんその他の債務整理と比較することは必要ですが、最初から行いたくないと考えてしまうと生活再建が出来なくなってしまいます。
広い視野を持って総合的に判断を下しましょう。


債務整理問題は、先延ばしていては解決できません。
逆に放置していると、事態は悪くなるばかりです。


債務整理問題は、一人では解決できないことが多いです。
そのため債務整理問題に実績のある弁護士司法書士の先生にすぐに相談するのが賢明です。
債務整理に関することなら今なら無料相談が行えます!


おすすめ弁護士事務所

>>債務整理案件で実績のある弁護士事務所はこちらから確認できます!<<